自分にあった方法が見つかる!小顔になる美容整形

エラ骨削りに関するメリット

モデルのようなシャープな顔立ちに憧れる方もいるのではないでしょうか。しかし小顔にすると一言にいっても様々な方法があり、自分にあった方法を見つけることがとても大切です。その方法の1つとして「エラ骨削り」という美容整形があります。主にエラ部分の骨が張り出していることでお悩みの方に適しています。エラ部分の骨を少し削ることで、卵型のフェイスラインになり、特に女性の場合は正面から見た時に優しい印象の顔立ちになります。

エラ骨削りのリスクとデメリット

エラ骨削りは外科的処置になるため、必ずリスクやデメリットの可能性が生じてしまいます。この手術における代表的な失敗例は、左右のフェイスラインが違ってしまう・エラ部分の骨が小さくなったためにあごや頬の部分が大きく見えてしまう・あまり変化が見られないといったケースです。フェイスラインの手術は、顔全体の印象をガラリと変えてしまうほどなので、熟練した技術と豊富な経験をもったドクターに処置してもらうことが重要です。

エラ骨削りのダウンタイムと過ごし方

エラ骨削りの手術を受けた際は、他の美容整形と同じようにダウンタイムとよばれる回復期間が存在します。個人差がありますが、概ね1週間から2週間前後は安静にしている必要があります。そして術後直後は包帯や固定器具によって患部を固定していなければなりません。大なり小なり顔が腫れてしまいますが、ダウンタイムが終わるころには腫れも引いています。洗顔やメイクなどは手術が終わった翌日から可能ですが、顔を強く擦ったりすることは控えましょう。

恵比寿の美容外科はおしゃれな佇まいで技術も優れた医師が多いので、満足すること間違いありません。さまざまなプランがありますので、よく相談することをおすすめします。