色素沈着からクレーターも!ニキビ跡はケミカルピーリングで治す

ケミカルピーリングとは?

スキンケアなどではなかなか治らない頑固なニキビ跡・・悩んでいる方も多いのでは?自分で治せないニキビ跡に悩んでいるなら、治療で改善する方法もおすすめですよ!美容皮膚科など美容系クリニックでは、ケミカルピーリングという美容医療によって、ニキビ跡の治療を行っています。ケミカルピーリングは溜まった古い角質を剥ぎ落す、特殊な薬剤を使う治療法です。フルーツ酸などの薬剤を肌に塗る事で、色素沈着・クレータータイプ両方のニキビ跡に効きます。

色素沈着・クレーターのニキビ跡を改善

シミのような跡が残ってしまう色素沈着タイプのニキビ跡は、メラニン色素という色素が肌細胞に沈着している状態です。治すにはメラニン色素の排出を促す必要があります。ケミカルピーリングは薬剤の作用によって、古い角質を剥ぎ落す治療法です。古い角質をケアする事によって、角質の中に含まれるメラニン色素も、一緒に剥ぎ落せるんですよ。また、ケミカルピーリングを行った部分は、コラーゲンの生成量がアップします。コラーゲンを増やす事で肌が中から押し上げられるような形になり、クレータータイプのニキビ跡も目立たなくなるんです。

ニキビ予防にも効果的!

ケミカルピーリングは色素沈着・クレータタイプ、両方のニキビ跡に効く美容医療です。ただ、治療でニキビ跡を治せても、またニキビが出来てしまったら再度、ニキビ跡が出来てしまうかもしれません・・・。実はケミカルピーリング、ニキビ跡だけでなくニキビを予防する効果もあると言われているんですよ。ケミカルピーリングは皮脂分泌のバランスを、コントロールする働きを持っています。過剰な皮脂分泌が改善されるので、毛穴詰まりによるニキビを予防出来るんです。

ニキビ跡とはニキビが治った後に残る炎症後の色素沈着のことです。クレーターのようにデコボコとなってしまう人もいます。